思いつくまま気の向くままお役立ち情報提供していきたいと思います。

ひーこのプチ断捨離でハッピー!

多肉植物

多肉植物の水やりのポイントは、やりすぎないこと!

更新日:

今日は、多肉植物の基本中の基本の水やりについてです。

実は簡単そうに見えて、簡単とはいかないのが水やりなんですね。

水やりが過ぎると腐らせてしまうことになりかねません。

成長期と休眠期の水やりについて説明していきたいと思います。

多肉植物の成長期には、水をたっぷり与える

もともと、乾燥地帯に育つ多肉植物です。それほど水は必要としないのです。

ここで、要注意なのが他の草花のように考えがちだということなんですね。

毎日毎日水やりは、持っての他です!

成長期には、お水が必要なのですが、つい毎日毎日こまめにやってしまいかねませんが、ここがこらえどころです。

多肉植物は、自分の体に水を蓄えることができましたね。

成長期の水やりの基本は、表土が乾いてからたっぷりと水やりをすること。

鉢底から流れ出るくらいが良いでしょう。

毎日毎日やってしまうと、根腐れを起こしてしまいます。

また、根腐れを恐れるあまり、葉がしわしわになるくらい乾かしてしまっても良くありません。

また表土が湿るくらいの水やりでは少ないでしょう。たっぷりやることが大切です。

 

多肉植物は乾燥に強いので、水をやってはいけないと思うのも間違いです。

全く水やりをしていなかったという例もあります。さすがに枯れてしまいますから。

多肉ちゃんの様子も良く見てあげましょうね。

多肉植物の休眠期の水やりは控えめ、または断水

休眠期には、成長が緩慢になります。

休眠期の水やりは基本は、控えめにするか、全く水やりしない断水をします。

そっとしてあげる方がいいということですね。

控えめの水やりとは?

まず、葉の様子を見てみましょう。葉にしわが寄って来たら、水やりのサインです。

それを目安に表土から鉢の中ほどまで湿るぐらいの水やりをしましょう。

多すぎると、根腐れを起こしてしまいます。

 

夏の休眠期に特に加湿に気を付ける必要があるのが、冬型のメセン類です。

夏に一度でも水やりをしてしまうと、それが元で、腐ってしまうようです。

つい、うっかりが、命取りの種類ですね。断水するのに限りますね。

 

ところが、コノフィツムで小型のものは完全に断水してしまうと、極度の乾燥に耐えることができず、回復しないこともあるようです。

こちらは、一か月に一回 植物の表面が湿るぐらいの水やりをおすすめします。

その場合も与えすぎると、やはり根腐れが心配ですね。やりすぎ注意なのは同じです。

雨に当たらないようにすることも大切です。

いくら、軒下に置いてあるからと言っても、台風の雨に当ったり、雷雨にあたったりしないように気を付けましょう。

多肉植物の水やりまとめ

基本は、成長期にはたっぷりと水やりをすること。

休眠期には水やりを控えて断水すること

水をやり過ぎて過湿にすることで根腐れを起こすことが一番の痛手になります。

私は今年の夏に水やりで大失敗しました。暑いから多肉ちゃんも水が欲しそうと勝手に思ってついついやり過ぎました。

やり過ぎても、水はけが良ければ大丈夫だったのですが、根腐れを起こしてしまった鉢は底穴の無いタイプでした! 悲しい結果になりました。

 

あともう一つ大切なことがあります。

それは、多肉植物の様子をよく見る事です

分かり切ったことかもしれませんが、1番大切なんですね。

 

多肉植物の葉が、元気がないとか、しわしわになっていないか、良く見てみましょう。

 

可愛い多肉ちゃんとの対話を心掛けてみましょう!

対話することであなたの可愛い多肉ちゃんには、私のような悲しい結果になることのないようにしてほしいのです。

水やりの基本、参考にしていただけるとうれしいです。

さあ、今日から可愛い多肉ちゃんを育てていきましょう!

-多肉植物
-, , , , , ,

Copyright© ひーこのプチ断捨離でハッピー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.