思いつくまま気の向くままお役立ち情報提供していきたいと思います。

ひーこのプチ断捨離でハッピー!

多肉植物 暮らし

初心者でも楽々!多肉植物を育ててみよう! 多肉植物を知ることから始めよう!

投稿日:

最近、多肉植物を街角の花屋さんや、園芸店や、スーパーの店頭、雑貨屋さんなどでもよく見かけませんか?

知らない人もおられるかもしれませんが、今ちょっとした人気の植物なんですね。

多肉植物は、小さくてプリプリしてて 形も種類も沢山あって、色づくものもあったりと可愛いいし、何より育てやすいいところが人気の理由です。

 

また、いろいろな種類を豪華に寄せ植えにしたり、多肉植物単体で可愛くこじんまりと鉢植えにしてもいいし、もちろん庭に植えたりしても楽しめます。

いくら丈夫な多肉植物だからと言って「日当たりが少しくらい悪くっても、水やりしなくたって平気」、なんて放置していると、

 

気が付けば「しわしわになっていた。」最悪は「枯れていた」なんてことになってしまいます。

多肉植物を上手に育てるには、水やりとか、生育条件が種類ごとに若干違って来るのが要因ですね。

そのコツを知りたければ、多肉植物を知ることに尽きます。

多肉植物を育てる為に多肉植物を知ろう

はっきり言って、多肉植物ってどんな植物なんだろう?

葉や茎が厚く、太くなった植物を多肉植物と言います。サボテンやセダムなどがあります。

多肉植物とは何?

私たちの住む地球上にはいろいろな植物が存在します。

その中でサボテンのように乾燥に強い植物が存在しますね。このような植物は、葉や茎に水分や養分を蓄えることで乾燥にも耐えることが出来るのです。

普通の草花などのように「押し葉」にすることが出来ません。

このような植物の総称なんです。

多肉植物の多くは砂漠のような乾燥地帯に生えています。

その種類は、驚くことに約15000種類も存在し、毎年新しく発見されるものもあり、また毎年消えていく絶滅危惧種のようなものもあるそうです。

また、人の手によって交配された美しいハイブリッドのような種類も沢山作られているのも事実で、それもまた多肉植物のファンにとっては魅力的ですね。

多肉植物は水がなくても生きられる?

多肉植物は、乾燥地帯に生育できる植物でしたね。

 

一般に、植物は動物と違って過酷な状況にあったとしても、動物のように逃げたり、移動するということいは自力でできません。

だから、乾燥と言う過酷な状況に対して進化せざるを得ませんでした。

その進化の方法とは、

1.逃げる

今逃げられないと言ったばかりでしたが、植物のとっての逃げるとは、

「種子を残して枯れる」

ということなんです。種子は乾燥に対してとても強いですね。雨が降るまでずっとずっと耐えられる、何年でも何十年でも雨を待っていられるのです。

このタイプの植物は葉一年草で、成長も早く多くの花を咲かせます。きれいな花を咲かせるので、園芸店でも人気があります。このタイプには”リビングストーンデイジー”などがあります。

2.節約する

少ない水を節約するために植物はどう進化したかと言うと、厚みがあって頑丈な葉を持っている、または小さくて細い葉を持っています。

極端になると、葉が無くて、茎に水を貯える種類もあります。水分のロスを少なくするために極力葉を小さくしたために成長のスピードは遅くなりました。

根は効率よく雨水を吸収できるように、

3.蓄える

多肉植物は、この水を蓄えるタイプです。

たくさんの水分が蓄えられるように 葉や茎や根が大きくて分厚くなっています。

もちろん、水分の無駄を省くためにも節約していることとして

・葉がないか、あっても小さい
・落葉性
・気孔が少ない(夜に気孔を開いて二酸化炭素を取り込み、昼に気孔を閉じて光合成を行う。)
・表面をワックスや毛で覆う

以上のように様々な工夫をして、水分を保つ工夫をしています。

 

工夫は重ねていますが、多肉植物だって全く水分の無い環境では生きてゆけないのも事実です。

極めて水分の無い環境に適応させて生きているだけですから、水が与えられなければ、一般の植物と同じように枯れてしまいます。

 

多肉植物も水は必要

結局、多肉植物も水が必要なことが分かりました。

サボテンや多肉植物は気孔がきわめて少ないので、観葉植物のように葉にスプレーで水を与えても水分を吸収できないので効果はありません。

根まで水が行きわたるように、水やりはたっぷりと与えてあげましょう。

そうすることで、体内に水をしっかり蓄えるたいきますので、

水やりの目安は

成長期で週に1回休眠期で月に1回程度 です。

多肉植物を1年中楽しむことができる

多肉植物が少し理解できたでしょうか。

今回は基本中の基本でした。

水やりが必要なことが意外ではありませんでしたか?

季節によって種類によって水やりとか管理とかも変わってきます。

プックリ、ムチっとしてコロンとして可愛い多肉植物も冬には紅葉したり花も咲くものがあっていろいろと楽しみ方があります。一年を通して楽しむことが出来るんです。

アレンジもさまざまでこれから楽しみながら育ててみませんか?

種類も多い多肉植物の選び方や水やりの仕方、増やし方などをこれからご紹介していきます。

次は、多肉植物を選ぶ時に気を付ける事をお話ししたいと思います。

あなたも多肉植物の物知りになりましょう!

そして、多肉植物でお友達の会話の中でしてみて下さいね!

最後まで御覧くださってありがとうございます。

 

-多肉植物, 暮らし

Copyright© ひーこのプチ断捨離でハッピー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.