思いつくまま気の向くままお役立ち情報提供していきたいと思います。

ひーこのプチ断捨離でハッピー!

暮らし 行事

GW 鳴門の渦潮を橋の上から見るならどこ?

投稿日:

ごきげんよう!

あなたの知りたいことお調べ隊の ひーこです。

2019のGWは 天皇陛下退位の礼・即位の礼が執り行われる為、かつてない大型連休となっています。

大型連休で、どこに行こうかと頭を悩ましているお父さん、新緑のこの季節にぴったりの場所があります!

それは、徳島県と淡路島の間の鳴門海峡で見ることのできる 「鳴門の渦潮」 なんです。

特に春と秋の大潮の時期には、なんと直径20mもの大渦となり、世界一だと言われています。

この渦を大鳴門橋の上を車で走って何とか見ようとしても、停まって見ることは出来ませんね。

そんなことをしたら、道路交通法違反ですからね!

そんな、危険なことをしなくても、見ることのできる場所があるんです。

それは、鳴門にある 「渦の道」 なんですね。

「渦の道」は 大鳴門橋の遊歩道

「渦の道」は 徳島県の鳴門公園から入場することができます。

大鳴門橋は鳴門海峡に架かる橋で鳴門と淡路島を結んでいます。

大鳴門橋の橋桁内に造られた海上遊歩道です。

橋桁の上を車が走っています。

遊歩道は、海上45メートルもあるんです。

入場券をゲットして、いざ入場。

大鳴門橋の車の下を歩いているなんて不思議な感じがします。

でも、景色は素晴らしく左右に広がります。

途中、風圧を避ける為、フェンスになっています。

だから、風がとても強かったりするので、帽子は要注意です。

風が強く吹くと、結構寒かったりするので、羽織るものがあると安心です。

途中4か所の休憩所が設けられているので、自分のペースで進めるのもいいですね。

全長450mの遊歩道です。

遊歩道の先端には展望室。

ガラス張りの床が数か所あります。

そこから、下を見ると、鳴門海峡が足元に見えるようになっています。

45mもあるんですよ!下まで!

う~っ!こわーい!

落ちたらどうしよう!落ちることはないけれど、思わず足がすくみます。

渦潮や、轟音、激しく流れる潮流を目の当たりに。ブラックホールみたく吸い込まれるのではと変な錯覚をしてしまいました。

そして、左右に広がる瀬戸内海と太平洋の雄大な景色。

こんな体験、他ではできませんよ。私も、久々に感動しました。

子ども連れでも、問題なく楽しめます。

でも、少し歩くのが長いなと感じるかもしれませんね。

前に来たときは、おばあちゃんも一緒だったので途中で少し休んだりしたのを覚えています。

見学時間は、余裕をもって一時間ぐらいみておかれるといいでしょうね。

渦の見ることのできる時間帯があります。その日によって、時間帯を前もって調べておくと無駄がないですね。

入場料(渦の道)

  • 大人 510円
  • 中高生 410円
  • 小学生 250円

と値段も手ごろな感じですね。

渦潮観潮船に乗って渦潮を見る方法もあります。こちらは渦潮を間近に見れますよ。

営業時間

夏季 (3月~9月) 9:00~18:00 入場は17:30まで

GW 夏休み期間 8:00~19:00 入場は18:30まで
冬季 (10月~2月)9:00~17:00 入場は16:30まで

休館日

 3月、6月、9月、12月の第2月曜日

 

「エディ」大鳴門橋架橋記念館もおすすめ!

すぐそば歩いて3分の所に、「エディ」大鳴門橋架橋記念館があります。

鳴門に住む友人にいい事聞きました。

渦の道に行くなら「エディも行ってみるといいよ。」

なんでも、「最近リニューアルしたらしいし、お得なチケットもあるからね。」

ですって。

そうなんです!  リニューアルもしてました。

お得なチケットもありました!

エディは鳴門海峡の渦潮や大鳴門橋のメカニズムを学べる博物館です。

うず丸(アドベンチャーシミュレーター)

エディ館内の潜水艇のシミュレーターです。鳴門海峡のミニ旅ができるようです。

展示物が結構楽しめたので こちらは、今回は入らなかったです。

今度は是非入ってみたいです。

乗船料 大人 200円
中高生 100円
小学生 100円

4K360°シアター”awa”

4K360度の大迫力です。

徳島の自然、文化、阿波踊りを紹介した映像でした。

エディは

子どもと「橋」や「渦」について一緒に学べて、お得なチケットもある

おすすめスッポットです。

 

お得なチケットは以下に記載しました。

営業時間

9:00~17:00   最終入館は16:30まで
GW お盆期間  8:00~18:00
夏休み 9:00~18:00  入館は17:30まで

休館日

年中無休

入場料(エディ)

  • 大人  610円
  • 中高生 320円
  • 小学生 200円

 

 お得なチケット情報

「渦の道」と「エディ」のセット券がお得なんです。

  • 大人  1120円→900円
  • 中高生 820円→640円
  • 小学生 500円→400円こちらを購入して、お得に楽しんでくださいね。

 

アクセス情報

〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)

車でお越しの方

鳴門北ICから5分

徳島市内~30分

鳴門駅~15分

渦の道

駐車場・駐車料金

鳴門公園駐車場  乗用車 200台

駐車料金  二輪車 200円
乗用車 500円

車いす専用駐車場もあります。

バスでお越しの方

JR徳島駅 → (路線バス80分)鳴門公園 →(徒歩5分)渦の道

JR鳴門駅 → (路線バス25分)鳴門公園 →(徒歩5分)渦の道

徳島阿波おどり空港 → (路線バス40分)鳴門公園 →(徒歩5分)渦の道

 

まとめ

GW期間中は、人気スポットなので、お昼前ぐらいが駐車場の出入りに、いちばん混みあいそうです。

停めれないことはまずありませんので、慌てなくても大丈夫です。

鳴門公園からの大鳴門橋の雄大な眺めも是非楽しんでください。

お土産は、鳴門ワカメや さつまいも(里娘)が有名なので見て下さいね!

最後まで御覧いただきありがとうございます。

あなたの幸せ願っている ひーこでした。

-暮らし, 行事

Copyright© ひーこのプチ断捨離でハッピー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.